仕事中に足がむくむ!簡単にスッキリできるむくみ解消法とは?

デスクワークや立ち仕事で足のむくみが辛い!

事務職を中心としたデスクワーク営業接客業などが中心の立ち仕事
どんな仕事にも辛い側面もありますが、デスクワークや立ち仕事が中心の方は、足のむくみに悩まされている方が多いようです。

 

足の重さや痛みなどが特徴的な症状である足のむくみ
むくんでいると自覚していなくても、足のむくみが起きている場合もあるので、サインを見逃さずきちんと解消法を取り入れることが大切です

 

仕事中に症状が出てしまう場合もありますが、どんな特徴的なサインがあるのでしょうか?

夕方になると足が重くなる

足の重さは、足のむくみの代表的な症状の一つです
むくみと自覚していないものの、なんとなく足がだるく疲れやすいと思っている方は、足のむくみを疑うことができます。

 

特に、仕事中でも終わりかけの夕方や夜の時間帯に足のだるさを実感しているという方は、なんと全体の約80%。
夕方や夜の時間帯に、足のだるさを感じ、むくみが悪化している方が多いということがわかります。

 

足のむくみの原因は、血液の巡りやリンパ液の巡りの悪さです
夕方や夜にかけては気圧や気温が下がるため足に圧力がかからなくなり、足のポンプ機能が低下します

 

足のポンプ機能が低下するということは、下半身を中心とした体のパーツに余分な水分がたまり、むくみとなるため足が重く感じるようになります。
もちろん日中に活動した疲れが足のだる重さにつながることもありますが、仕事中でも、夕方になると必ず足が重くなるというケースは、むくみの症状と言えるでしょう

ブーツ・靴がきつくなる

立ち仕事デスクワークは体を動かす頻度が少なく、長時間同じ姿勢を保っているため、血液やリンパの流れが悪くなりむくみがひどくなりやすい仕事と言えます。
履いている靴やブーツが、だんだんと夕方にかけてきつくなるということが考えられます。

 

ただでさえ心臓から遠く血液の流れが悪くなりやすい足は、長時間同じ姿勢の仕事中に余計と悪化してしまいやすいです。
靴を買う時には、夕方に買うほうが良いといわれているのはこのためです

動いていないのに足が痛い・疲れる

仕事中はあまり体を動かさず、同じ姿勢で立ったりパソコンに向かっていることが多いという職種の方でも、足が痛くなったり疲れることがあります。
そんな症状の主な原因は、足のむくみです。

 

足のむくみの原因は、血液やリンパのめぐりの悪さですが、むくみが原因となって余計と血行不良やリンパのめぐりが悪化してしまうことがあります。
足が血行不良になっているということは、十分な酸素や栄養素がうまく流れなくなっているため、痛くなったり疲れたような感じがします

簡単にできるむくみ解消法|オフィスでもできる!

仕事中に足のむくみが気になり、なかなか仕事に集中できないとなっては、仕事にも支障が出て大変です。
足をスッキリ見せるためにも、そして辛い症状を改善するためにも、簡単に取り入れられるむくみ解消法を知っておくととても便利でしょう。
オフィスでも取り入れやすいむくみ解消法や、おすすめアイテムについて、まとめてみました。

移動の際は疲れない程度に階段を使う

デスクワークや、立ち仕事の方が悩まされる足のむくみの原因は、同じ姿勢を長時間続けているということです。
体を動かしていれば、足のむくみの原因は取り除けるということはわかっていても、>仕事中はオフィスで体を動かすことなんてとてもできない、決められた場所から動けないという方も多いと思います。

 

重力の影響で水分がたまりやすくなってしまう下半身のむくみを解消するためには、定期的に体を動かす事が必要です。
具体的な運動としておすすめなのが、移動の時に階段を使うという解消方法です。

 

もちろん、ビルの10階まで上がるのに階段を使うといった激しい運動である必要はありません。
疲れない程度に階段を使ったり、おつかいに出るなどして、同じ姿勢を続けないということを意識することが大切です。

 

移動の際に階段を使うことで、長時間の同じ姿勢を避けることも出来ますし、ふくらはぎや太ももの筋肉を鍛えることもできます。
足のポンプ機能を高めるためには、全身の筋肉量をとにかく増やすことが大切です

 

毎日の生活の中に、階段の昇り降りなどを取り入れてみてはいかがでしょうか?

椅子に座ってできるストレッチのやり方

休憩中やオフィスでもできるのは、椅子に座ってできるストレッチです。
むくみの原因である体の巡りの悪さを解消するのに、おすすめのストレッチです。

  1. 普通に椅子に座っている状態で、片方の足首を膝の少し上、太ももの表側にのせます。

    足を組んだ状態から外側に軽くスライドしたような状態です。

  2. その体勢で上体を前に倒していきます。
  3. 痛気持ちいい程度のところで、10秒から20秒間ほどキープします。
  4. これを左右同じように行っていきます。

人前でするのが恥ずかしいという場合には、トイレなどでも行えます

着圧ソックス

足に適度な圧力がかかることで、足のポンプ機能の働きをサポートし、むくみの原因を解消してくれる着圧ソックス
薬局ドラッグストアなどでも購入でき、履くだけで簡単に足のむくみ解消ができると人気です。

 

最近は、ストッキングやタイツタイプのものも出ているので、仕事中には着用しやすいでしょう
また、寝る時に履くタイプのものもあります。

 

常に履き続けていると、逆に足本来のポンプ機能が低下してしまうことがあります。
仕事中だけ、寝ている時だけでなど、特定の時間に絞って使用するのがおすすめです

むくみ解消サプリ

忙しくて、なかなか足のむくみ解消ができないという方におすすめなのは、サプリの使用です。
サプリであれば、毎日忘れず飲むだけで、仕事中の辛い症状も解消できます

 

体内の余分な水分や老廃物を排出してくれるカリウムなどの成分が入ったサプリメントがおすすめです。
仕事場に置いておいて、辛い症状を感じた時に、サプリに頼るというのも良いでしょう。

普段から出来るむくみ解消法

仕事中に出来る簡単なむくみ解消法はもちろん、毎日の生活習慣で、意識すると良いポイントについてご紹介します。

湯船で体を温める

時間がなく忙しいと、ついついシャワーで済ませがち、お風呂をためてもゆっくりと湯船に浸からないという方は、意外と少なくありません。
しかし、湯船で体を温めるという習慣は、足のむくみを解消するにはぴったりです。

 

仕事中に足に溜まってしまった余分な水分や老廃物を流すには、湯船でしっかりと体を温めて血流やリンパの流れを良くすることが必要です。
温めることで、溜まってしまったむくみの原因が体外に排出され、身体全体がすっきりします

ウォーキングなどの軽い運動

普段からできる足のむくみ解消法としておすすめなのが、ウォーキングなどの軽い運動です。
歩くという運動は足の筋肉全体を効率よく使うので、足のむくみの原因であるポンプ機能の低下を解消し、身体全体の巡りを良くしてくれるのでおすすめです。

 

一駅分歩く、社内をこまめに歩いてみるだけでも、効果を実感できるでしょう
毎日続けることが大切なので、無理のない範囲で生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

カリウムが含まれる食事

カリウムには、体内の余分な水分を体外に排出する働きがあります。
カリウムを積極的に食事から摂取することは、足のむくみ解消におすすめです。

 

いも類や緑黄色野菜、ナッツ類などにはカリウムが多く含まれているため、普段から意識的に摂取してみてみてください

 

足のむくみ解消サプリ

>>効果とコストと成分で選んだおすすめの足のむくみ対策サプリはコチラから♪<<